津軽三味線貢正流 
宗 家
 三山 貢正
(みやま みつまさ)
津軽三味線奏者 三山貢正01
●秋田県南秋田郡八郎潟町一日市出身。15才で上京。

●17才より津軽三味線を津軽三味線小山流 初代 家元 小山 貢(現 宗家 小山 貢翁)師に師事。

●長年修練研鑽を重ね、民謡界の第一線にて活躍し、2005年2月吉日を以て独立し、『津軽三味線 貢正流』を創流し『津軽三味線 貢正 流 家元 三山 貢正』となる。

●NHK、各民放TV、ラジオ、舞台等に幅広く出演し、その演奏技法は「重厚」且つ「叙情性豊か」と評され、トップクラスの三味線演奏家・指導者として活躍の場を広げていく。

●2015年2月 長男であり副家元の「三山 正寛」が「家元 二代目 三山貢正」を襲名し、自らは「宗 家」に就任。引き続き、演奏家・指導者として精力的に活動している

◆公益財団法人日本民謡協会に於ては、唄並びに三味線部門の「師範教授」

◆同協会より、民謡界 最高の栄誉にあたる「民謡功労章」を2000年・「民謡技能章」を2009年に受章。

<主な出演番組>
テレビ
TVNHKTV
「日本民謡フェスティバル」「どんとこい民謡」「それいけ!民謡うた祭り」
TV民放TV
「キンカン素人民謡名人戦」「日本レコード大賞」「ものまね王座決定戦」「メレンゲの気持ち」他
  (その他、ザ・ドリフターズ、小柳ルミ子等に三味線指導、三波春夫、北島三郎、ピンクレディー、 細川たかし、森昌子、石川さゆり、藤あや子、とんねるず等の皆さんと共演)
ラジオカラオケNHKカラオケ「日本の民謡」「民謡をたずねて」他

津軽三味線奏者 三山貢正02
◆後進の指導・少年少女の育成にも熱意を燃やし、貢正会会主として東京を中心に 山梨・埼玉・山形・静岡各県で多くの会員の指導をしており、会員の中からたくさんの総師範・準総師範・師範・名取が誕生している。持ち前の指導力を発揮し、その指導の元、全国大会の器楽合奏の部において、幾度となく『優勝』を重ねていく。

◆オリジナルの津軽三味線合奏曲『巌 流』『芳 春』『華 鼓』『五木の子守唄変奏曲』などを創作し多方面で発表され、その一糸乱れぬ「貢正会」の合奏は、各方面で絶賛されており、NHKホールにて行われている『日本民謡フェスティバル』に過去4回出演している。

◆人の和を尊び、技術の向上を計りながら全会員参加協力のもと貢正会発表会を1974年より毎年開催している他に、記念リサイタルを数回開催しており、2007年には芸道40周年記念リサイタルを開催し盛会に終了。

◆数多くのレコード、テープ、CD等の収録に携わり「三山貢正の響き」「民謡めぐり・日本の四季」「民謡めぐり・日本のこころ」 他 を製作し販売している。

◆国内のみならず、アメリカのディズニーワールドやオーストラリアのオペラハウスを始め、フランス・スペイン・中国・シンガポール・韓国・タイ・ブラジル・台湾 等、数多くの海外公演で日本伝統芸術を世界に紹介する一役を担っている。


●TOPページに戻る

All Rights Reserved. Copyright (C) 2019
Mitsumasa Music Office


無料携帯サイト作成